求められる男性の看護師

病院で看護してくれる方のほとんどが女性という印象はありませんか?確かに、男性の看護師の割合は全体の3割程度という事もあり、あまり出会うこともないのかもしれません。

しかし、看護の仕事は、体力が必要ということもあり、男性看護師に普及が求められてきております。

とは言っても、看護師の資格をとる為に通う学校には、女性が大半を占めていたり、職場の殆ども女性の中で働かなくてはなりません。

仕事に性別は関係ないでしょうが、今まで、男性が多くの女性の中で働くというのは少なかったこともあり、抵抗もあるようです。

その中でも、「診療科」と呼ばれる精神科、透析科、泌尿器科、手術室等という現場では男性看護師が多く、近年では男女関係なく看護師を募集していることから、「看護師」を目指す男性は増えてきております。

このように、看護師の離職率の高さから、看護師の職場環境というのは変化が起きております。

とても尊い職業ということもあり、女性の職場という印象がなくなる日も来るでしょう。